、、以下の3点。

 

(1)利用者がメリットを実感できる制度・運用の改善

(2)権利擁護支援の地域連携ネットワークづくり

(3)不正防止の徹底と利用しやすさとの調和